むし歯治療を主として、予防、歯周治療から審美、インプラント治療など様々な治療を行っております。

かみ合わせ(咬合)

かみ合わせ(咬合)について

かみ合わせとは、下あごを上あごに向かって閉じてる行為を指す場合と、上顎と下顎を閉じた時の接触状態を指す場合とがあります。

かみ合わせは、良く咬むことによる歯の摩耗や成長によって、一人一人の顎や顎の骨の形に沿った独自のかみ合わせが出来上がります。
しかし、生活習慣や食生活の変化により、咬合による正しいかみ合わせが出来ず、結果的に悪いかみ合わせ(不正咬合)になってしまうケースがあります。

近年、顎関節症などのかみ合わせの異常で悩まれる方が増加しており、かみ合わせの異常は、全身の症状につながる場合もあり注意が必要です。

かみ合わせが悪いと起こる主な全身症状

肩こりめまい頭痛
鼻詰まり腰痛目のかすみ
耳鳴りや耳の痛み顎関節症

顎関節症について

顎関節症の主な症状は、「あごが痛む(顎関節痛・咀嚼筋痛)」、「口が開かない(開口障害)」、「あごを動かすと音がする(顎関節雑音)」の3つです。
そのため、硬い食べ物が噛めない、大きな食べ物が食べにくい、また、あごの音が煩わしいなどの症状が現れることがあります。

障害がおきる原因としては、顎関節部にある筋肉の緊張によるものと、器質そのものの障害がある場合が考えられます。
そのほかに、心理的原因によっても、顎関節症が起こることが知られています。

顎関節症は、子供から高齢者まで幅広くみられる病気ですが、特に20歳代前半と40~50歳の女性に多い病気であることがわかっています。

当院のかみ合わせ(咬合)治療について

アルクスディグマ(デジタル式顎運動計測装置)による顎機能検査

アルクスディグマ(デジタル式顎運動計測装置)
アルクスディグマは、超音波を利用して顎の運きを計測・解析する検査装置です。
顎の動きをコンピューターで正確に数値化し、現状の問題を解析します。
主に顎関節治療、かみ合わせ治療などで使用します。
解析の結果から現状の問題を診断し、正常なかみ合わせに戻すための治療を行います。